▶ iPadの選び方はコチラ

【iPad】SIMフリー版とキャリアの違いとは?わかりやすく解説【すぐ読める】

  • iPadにはSIMフリー版がある
  • キャリアで購入したiPadとの違いとは
  • iPadを買うならどこで買うべき?

iPadのCellular(セルラー)モデルを購入する場合、購入先によって中身に少し違いがあります。

この記事ではiPadのCellularモデルを購入しようとしている方に向けて、SIMフリー版とキャリアの違いについて分かりやすく解説していきます。

目次

スポンサーリンク

iPadにはWi-FiモデルとCellularモデルがある

iPadにはWi-FiモデルとCellularモデルがある

iPadには「Wi-Fiモデル」「Wi-Fi+Cellular(セルラー)モデル」の2種類があります。

Wi-FiモデルのiPadはWi-Fi環境がある場所でしかネットに接続するのができないのに対し、CellularモデルにはiPad本体にSIMカードのスロット(差し込み口)が搭載されています。

つまり、スマホのようにSIMカードをさせばWi-Fiがない場所でも4G回線でネットに接続することが可能です。

その代わりCellularモデルの方が少し本体の価格が高いです

関連記事

キャリアかSIMフリー版を気にする必要があるのはCellularモデル

Wi-FiモデルはSIMカードを使えないのでキャリアなのかSIMフリー版なのかは気にする必要はありません。

Cellularモデルの場合のみ、キャリアかSIMフリー版かで仕組みが異なるので注意が必要です。

iPadのSIMフリー版とキャリアの違いとは

iPadのSIMフリー版とキャリアの違いとは
SIMフリー版SIMカードを自由に使える
キャリアで購入したiPad購入先のSIMのみ使える

SIMフリー版

Apple Storeで販売されているiPadは「SIMフリー版」になります。

SIMフリー版であれば基本的にどこの会社のSIMカードでも使えるため、ユーザーは自由にSIMカードを提供している会社と契約をすることができます。

自分の好きな通信会社と契約してSIMを使うことができます

キャリア(SIMロック)

ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアで購入したiPadには「SIMロック」がかかっています。

SIMロックの状態のiPadは、購入先のキャリアと同じSIMカードしか使うことができません。

例えばドコモでiPadを購入した場合、ドコモ以外のSIMカードを使うことができません。

キャリアでは他社のSIMカードが使えない状態のiPadを販売しており、この状態をSIMロックと呼びます。

つまりSIMフリー版の真逆の状態です

SIMロックの解除について

キャリアで購入したiPadでも一定の条件を満たせばSIMロックの解除が可能です。

SIMロック解除済みのiPadであれば、他社のSIMカードも使うことができるようになります。

iPadを中古で購入する場合の注意点

中古でiPadのCellular(セルラー)モデルを購入する場合は必ずSIMロックの有無を確認してください。

基本的にSIMロックの状態で売られているiPadは価格が安くなっているケースが多く、安いという理由だけで飛びついてしまうと買ってからSIMカードが認識しなくて使えないという可能性もあります。

中古でiPadを購入する際の注意点については、こちらの記事(iPadを中古で購入するときの注意点【知っておくべきこと】)で解説しています。

まとめ

  • iPadにはWi-FiモデルとCellularモデルがある
  • Cellularモデルを購入する場合は購入先に注意
  • Apple Storeで購入したものは「SIMフリー版」
  • キャリアで購入したものは「SIMロック」がかかっている

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる