▶ iPadの選び方はコチラ

iPadにSIMカードをさすならどっち?音声通話とデータ通信専用の違い

iPadにSIMカードをさすならどっち?音声通話とデータ通信専用の違い

この記事はiPadにSIMカードをさして使おうとしている方向けとなります。

そもそもiPadにSIMカードをさすことができるの?という方は下の記事で解説してるので先にご覧ください。

目次

スポンサーリンク

SIMカードには2種類のタイプがある

SIMカードには2種類のタイプがあります。

  • 音声通話SIM
  • データ通信専用SIM

音声通話SIMとは

一般的にスマホなどに使われているSIMがこちらのタイプ。

自分の電話番号を持つことができ、電話回線で電話をかけることができます。

データ通信専用SIMとは

タブレットやモバイルWi-Fiなどに使われることが多いのがこちらのタイプ。

音声通話の機能はなく、データ通信のみ可能なSIMカード。

その代わり、音声通話SIMよりも月々の料金が安く設定されている場合が多いです。

SMS機能付き

データ通信専用SIMの中には「SMS機能付き」というタイプのものもあります。

こちらは音声通話としての機能はありませんが電話番号を持つことができます。

最近は2段階認証やアカウントを作成する際に電話番号を使ってSMSで本人確認を行うケースが増えていますよね。そういった場合にデータ通信専用SIMでは電話番号を持てないためSMSを利用することができません。

SMS機能付きのデータ通信専用SIMであれば、電話番号自体は持つことができるため、SMSの送受信が可能となります。

注意点としてはiPad自体にはSMSの機能は付いていません。iPhoneと連携することでSMSを受信することは可能ですが、iPad単体でSMSの送受信は現時点ではできません。

iPadはどっちのSIMカードを使う?

iPadでSIMカードを使う場合は「データ通信専用SIM」を選んでください。

というのも、そもそも「音声通話SIM」を選ぶ意味がありません。

iPadには音声通話の機能が付いていない

iPadは全てのモデルに音声通話の機能が付いていません。

実際にAppleの公式サイトにもこのように記載されています。

Wi-Fi + Cellularモデルは携帯電話サービスをサポートしていません。モバイルデータ通信でのデータ転送のみをサポートしています。いずれかのiPadのモデルで電話をかけるには、Wi-Fi通話とiPhoneを使用する必要があります。

iPadユーザーガイド – Apple

つまり、電話番号を利用した電話回線での電話は使うことができません。

その代わり、データ通信での通話は可能ということで「LINE」を通しての通話などはiPadでも可能となっています。

まとめ

  • SIMカードには「音声通話SIM」と「データ通信専用SIM」がある
  • iPadで使うなら「データ通信専用SIM」を選ぶ

SIMカードをiPadに使いたい場合「Cellularモデル」を購入する必要がありますが、Cellularモデルをどこで買うのか?によってSIMカードを自由に使えない場合もあります。詳しくはこちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる