▶ iPadの選び方はコチラ

外出先でもiPadをネットに繋ぐ3つの方法【外で自由に使いたい】

外出先でもiPadをネットに繋ぐ方法
  • iPadを外出先でも使いたい
  • iPadをスマホみたいに自由に外で使う方法とは?

外出先でもiPadをネットに繋いで使いたい!という方も多いと思います。

この記事では、iPadをWi-Fi以外の場所でもネットを利用する方法について解説します。

目次

スポンサーリンク

外出先でもiPadをネットに繋ぐ3つの方法

iPadをWi-Fiのない外出先でも使う3つの方法

iPadをWi-Fi以外の場所でネットに接続する方法は3つあります。

それでは1つずつ順番に見ていきましょう。

Cellularモデルを購入してSIMカードを使う

iPadには「Wi-Fiモデル」と「Cellularモデル」があります。

簡単に説明すると以下のとおり。

Wi-FiモデルWi-Fiのみ接続可能
CellularモデルSIMカードを使えば4Gに接続も可能

CellularモデルにはSIMカードのスロット(差し込み口)が搭載されているので、スマホのようにSIMカードを契約して使えば4G回線に接続することができます。

モバイルWi-Fiを契約して使う

モバイルWi-Fiというのは、いわゆる「ポケットWi-Fi」と呼ばれるやつです。

スマホくらいのサイズの小型Wi-Fiルーターで、簡単に持ち運びすることができます。

仕組みをざっくりと解説すると、モバイルWi-Fi自体にSIMカードをさして使います。そして、モバイルWi-Fiが4G回線をキャッチしWi-Fiに変換して飛ばすことができます。そのWi-FiをiPadに繋げばネットに繋ぐことができます。

スマホのテザリング機能を使う

スマホには「テザリング機能」というものがあります。

ネットに繋がっているスマホとiPadを連携させることで、スマホが中継の役割をしてくれます。

イメージとしては先ほど紹介したモバイルWi-Fiに近いですね。

CellularモデルでSIMカードを使うメリット・デメリット

CellularモデルでSIMカードを使うメリット・デメリット

Cellular(セルラー)モデルでSIMカードを使うメリットとデメリットがこちら。

メリット
  • iPad単体でネットに繋ぐことができる
デメリット
  • Wi-Fiモデルよりも本体の価格が高い

CellularモデルはSIMカードを使うことができるので、iPad単体でネットに繋ぐことができるのが最大のメリットです。

モバイルWi-Fiを契約して使うメリット・デメリット

モバイルWi-Fiを契約して使うメリット・デメリット

モバイルWi-Fiを契約してiPadを使うメリットとデメリットがこちら。

メリット
  • Wi-FiモデルのiPadでもOK
  • iPad以外の端末もWi-Fiを使える
デメリット
  • モバイルWi-Fi自体の充電が必要
  • 荷物が増える

モバイルWi-Fiは、iPad以外の端末(スマホやパソコンなど)も接続することができます。

つまり、簡単にWi-Fi環境を構築できるのがモバイルWi-Fiのメリット。

スマホのテザリング機能を使うメリット・デメリット

スマホのテザリング機能を使うメリット・デメリット

スマホのテザリングを利用してiPadを接続するメリットとデメリットがこちら。

メリット
  • Wi-FiモデルのiPadでもOK
  • 常に持ち歩くスマホでネットに繋ぐことができる
デメリット
  • スマホのプランによっては制限がある
  • スマホのデータ通信量を消費する
  • スマホのバッテリーが消費する

いつも持ち歩いているスマホを使ってネットに繋ぐことができるので、今から何かを契約したり用意する必要はありません。

ただし、スマホの料金プランによっては制限があるのでテザリングが可能な場合に限ります。

まとめ

外出先でもiPadでネットを使いたい!という方のために3つの方法をご紹介しました。

個人的には「Cellularモデル」を購入してSIMカードをさすか、「モバイルWi-Fi」を契約するのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる